帰国子女(海外子女)・海外駐在者の本帰国にUR賃貸住宅がおすすめです!

海外在住者数は増加傾向

海外転勤や転職、永住者など、日本人の海外在住者数は、130万人(2022年10月現在・外務省領事局政策課)となっています。外務省の調べによると経済のグローバル化に伴い、海外在住者数は年々増え続けており、2019年10月には過去最高の141万人に達しています。近年はコロナの影響で海外在住者数が減少傾向にありますが、状況が落ち着けば今後も増えていくことが予想されます。

それに伴い、海外駐在を終え、日本へ帰国後の住まいをどうするかという問題も増えているようです。

帰国子女(海外子女)・海外駐在者が住まい探しで困るポイント

  • 日本の住民票が閉鎖されており、どこの不動産会社に問い合せしても断られる
  • 帰国や転勤は急に決まることが多く、スピーディな対応が必要となる
  • タイトな日程の中で、家族の帰国とともに荷物等の移動もしなくてはいけない

その他にも、時差のある海外での仕事の合間で、住まい探しや家具のアレンジ、住まいが見つからなかった場合のホテルの検索・手配をしなければならず、経済的な負担もあいまって、心理的にも大きな負担となっているようです。
昨今、多くの帰国予定の方々から、そうしたお悩みのご相談を受ける機会が増えてきました。

帰国後の住まいにはUR賃貸住宅がおすすめ

URコンシェルジュが、帰国後に入居できる(可能性がある)物件としてUR賃貸住宅を提案させて頂いた、お客様の事例をご紹介します。

海外赴任終了に伴う帰国

バンコクでの海外赴任が終了して、帰国が決まったのでネットで部屋探しをしましたが、住民票や諸費用の問題で壁にあたりました。
そんな時にUR賃貸住宅を知り、URコンシェルジュさんに問い合せをしました。
帰国後は会社負担でホテルに滞在できる日数が限られていたため、URコンシェルジュさんのアドバイスの下、事前に書類を揃えることで、お部屋探し、内覧、契約手続きまでを最短距離で済ませることができました。帰国後のホテル滞在は1週間が限度となっていましたが、自己負担なく1週間後に入居することができました。

帰国子女

東京に土地勘が全くない、北海道出身の私達にとって、息子の進学予定地である東京でのお部屋探しはとても大変なものでした。
URコンシェルジュさんに、私たちの要望を踏まえて、息子の通学に最適な物件をご提案していただき、安心して入居することができました。
半年前からご相談できたことも功を奏しました。

URコンシェルジュまでご相談ください

この他にも様々なケースのご相談を沢山いただいております。
海外からの帰国は、決めなければならいことが多く、大きな不安や、ストレスが伴います。
海外在住者様で、本帰国に伴うお住まい探しにお困りでしたら、弊社にご連絡下さい。

※下記の弊社HPからUR賃貸物件を検索し、「この物件に予約申し込みをする」より、お問合せ下さい。
https://urjkkplus-ws.com/