東京都大田区の仮住まい

東京都大田区の仮住まい

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: planning-3536753_960_720.jpg
Pixabayからの画像

今回は、東京都大田区でお得に仮住まい(短期賃貸)する方法をお教えします。

東京都大田区と言えば、日本の空の玄関口「羽田空港」があり、東京都や神奈川県の中心都市へのアクセスも良好なため、働き盛りのファミリー世帯に人気のエリアとなっています。

都市開発は落ち着いている地域ですが、JR・東急蒲田駅と京急蒲田駅を結ぶ、新空港線整備の事業が計画されており、今後もますます交通面での利便性向上が期待できそうです。

そんな東京都大田区にて、リフォーム・建て替えに伴う仮住まい(短期賃貸)のお問い合わせが増えてきています。

住宅地として成熟している地域なので、築年数の古い建物が多くなっていることも背景にあるのかもしれません。

リフォーム・建て替えに伴うファミリー世帯向けの仮住まいというと、最低でも2LDK・3LDKが必要となりますよね。

しかし、東京都大田区の短期賃貸で検索すると小さな間取で家賃が高めなお部屋が多く、2LDK・3LDKの仮住まいとなると、家賃が割高な一戸建てなどになってしまい、予算的に断念せざるを得ないということも多いようです。

他の選択肢としては、小さな間取の賃貸住宅やマンスリーマンションを借りて、トランクルームや引っ越し業者の荷物預かりサービスを併用するといった方法もありますが、経済的な負担を考えると2LDK・3LDKの仮住まいを利用した方が大幅に費用を抑えられます。

また、トランクルームや引っ越し業者の荷物預かりサービスには、
預けた後の出し入れが自由にできない
必要な時にすぐ荷物を取り出せない
荷物の整理・断捨離ができない
などのデメリットがありますので、注意が必要です。

前置きが長くなりましたが、
そんな悩みを解決してくれるのが、

「UR賃貸住宅」なんです。

仮住まいにUR賃貸住宅がおすすめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: aidea-1.jpg
Pixabayからの画像

UR賃貸住宅では、2LDK・3LDKなどのファミリー世帯向けのお部屋が多数揃っています。

また、UR賃貸住宅は、
礼金・仲介手数料・更新料が無料です。
さらに、保証人も不要です。

初期費用は、
敷金(家賃2カ月分)と、
入居月の家賃・共益費の日割り分
となっており、契約時のコストを抑えることができます。

敷金については、清掃・メンテナンス費が差し引かれますが、退去後に返金されます。

つまり、利用期間中の家賃・共益費と、清掃・メンテナンス費用のみで仮住まいができてしまいます。

※駐車場利用の場合は、敷金や利用料等の費用が別途必要となります。

UR賃貸住宅は、契約期間の定めはなく、いつでも退去することができますので、気兼ねなく仮住まいとして短期賃貸することができます。

退去申請は退去予定日の14日前までに手続きをすればよいため、工期延長などの予期せぬ事態にも柔軟に対応できます。

※退去申請の関係上、入居後14日以内の退去はできません。

以上、「UR賃貸住宅」は仮住まいとして最適化されているといっても過言ではない程、短期賃貸を目的とした仮住まいに適しているんです。

ご相談は仮住まいコンシェルジュへ

Pixabayからの画像

弊社では、東京都大田区のUR賃貸住宅をご紹介し、仮住まい探しをサポートしています。

ご紹介物件の所在や特徴などの詳細は、下記のリンクよりご確認いただけます。

>東京都大田区のUR賃貸住宅

東京都大田区で仮住まいをお探しでしたら、「仮住まいコンシェルジュ」として業歴15年の弊社にお任せください。

経験・知識豊富なスタッフが丁寧にお話をお伺いいたします。

下記フリーダイヤルより
お気軽にお問い合わせ下さい。

0120-554-201

仮住まいコンシェルジュ
株式会社ホワイト・ストーン