仮住まい(短期の賃貸)に公共賃貸を活用しよう

ご自宅の建て替えの場合5~6ヵ月程度、リフォームの場合3~4ヵ月程度の期間、ご自宅周辺にある賃貸住宅を短期で利用し、仮住まいとして確保する必要があります。
短期の賃貸となると、一般の賃貸住宅は物件が少なく、マンスリーマンションは賃貸費用が割高になることが多いため、低コストで短期の賃貸にも利用が可能な「公共賃貸」のご利用をおすすめしています。

マンスリーマンション・民間賃貸との比較

※東京都某市
※3LDK(70㎡)の部屋を4ヶ月借りた場合で比較

(単位:円)

公共賃貸マンスリーマンション一般的な賃貸住宅
月額賃料400,000
(月10万)
600,000
(月15万)
440,000
(月11万)
初期費用敷金
200,000
家賃
2ヶ月分

礼金
0



仲介手数料
0
契約時の
諸経費

20,000


入居予約金
20,000円




敷金
110,000
家賃
1ヶ月分

礼金
110,000
家賃
1ヶ月分

仲介手数料
110,000
敷金返却▲200,000
※ほぼ全額
 戻ります
▲55,000
※半額戻る
 と想定
実質負担額400,000640,000715,000

マンスリーマンションや一般的な賃貸住宅に比べて、4ヶ月で最大315,000円もお得です!

公共賃貸 おすすめの理由

公共賃貸は、初期費用が敷金のみ。礼金や仲介手数料がありません。
また、敷金返却についても退去後の補修費用の査定がしっかりしており、全額に近い返金が期待できます。
結果として、賃料の支払いのみとなり、コストを最小化できます。

さらに、公共賃貸は、保証人不要というのも嬉しいポイントです。
家族や友人へ保証人をお願いするのは、気を遣うものです。そういった精神的な負担も軽減することができます。
一般の賃貸不動産では、保証人の代わりに保証会社を使うケースもありますが、もちろん保証会社への保証料の支払いが発生しますので、さらにコストが増えてしまいます。

その他、公共賃貸は鍵交換費用も無料、火災保険(家財保険)も任意、といったように、トータルコストで考えると経済的な負担をかなり軽減できます。

短期で賃貸住宅をお探しでしたら、公共賃貸がおすすめです。

下記の弊社HPリンクでお住まいのエリアを選択し、ぜひ検索してみて下さい!
ご自宅周辺で、ご希望の物件が見つかるかもしれません。
https://www.karizumai-ws.com/